大阪・関西でケータリングの依頼をお考えの方におすすめ!美味しいと口コミで人気の業者を厳選してご紹介しています。

竣工式パーティーでケータリングが急増している理由とは?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/23

建物を建築する際には地鎮祭と上棟式、そして竣工式があり、この三つの行事は三大祭式と呼ばれています。総仕上げとなる竣工式を記念したパーティーではケータリングサービスが利用される場面が増えてきました。多くの関係者が集まる総仕上げともいえる竣工式でケータリングサービスが選ばれる理由を探っていきましょう。

失敗できないベントでは総合サービス型のケータリングが人気

建築における三大祭式の総仕上げである竣工式は、建設に関係者が多く集まります。建設を依頼した建築主の関係者や施工を担当した建設会社の関係者、建物を設計した一級建築士や儀式を担当する寺社の神主や僧侶などに加えて、重要な取引先などのVIPなど関係する人々に感謝を伝え、建築物の繁栄を祈ります。いわば締めの神事であると同時にお披露目の場ともなっているため、絶対に失敗できないイベントです。

最近のケータリング会社では、会場までの送迎から神事やテープカットの手配、内覧会・映像記録・記念撮影、ホテル同様のクロークや待合室の対応も可能です。
せっかく新しい建物が完成したのですから、実際に施設が稼動しているところをゲストに体験してもらえることは効果的なPR方法だと言えるでしょう。

ケータリングサービスと聞くと調理と配膳がメインのように感じますが、式典などでの利用の際は接客対応も含めた総合的なサービスも利用できる点が魅力です。関西の竣工式で選ばれるケータリングサービス会社はどこも神事や披露目の重要さを理解しているとともに各種儀式や作法に精通した提案能力があり、主催者の要望を具体化してスムーズな式典運営をサポートしてくれるため、大規模になるほど利用すると便利でしょう。

ケータリングサービスのメインとなる料理は間違いなく一流です。高級ホテルチェーンの総料理長経験をもつ人物などを中心に高度な技量を持つシェフが調理するため、建築した建物にいながらにしてホテル並みの豊かで味わい深い料理に舌鼓を打つことが可能です。サービスを提供するスタッフも一流のため、出席した関係者に快適な時間を過ごしてもらうことができるでしょう。

大規模な竣工式になるほどケータリングが増加する傾向が高くなる理由は、建築物の末永い繁栄を心から祈願するからこそだからといえるでしょう。

かゆいところに手が届くサービスが魅力

関西の竣工式に提供されるケータリングサービスは規模によって異なります。小規模なものだと建築主や施工主、設計主や式典を担当する神主や僧侶、取引先などを加えても数十人前後のため、オードブルの宅配で対応するのが一般的です。

数百人以上が参加する大規模な竣工式では、ケータリングサービス会社は調理用機材を運び込み、イベント会場で調理して配膳、スタッフによるホテル並みの接客対応といったサービスに加えて、イベントの式次第や招待状の書き方のサポートやBGMや照明、金屏風や紅白幕や講演台、マイクやスピーカー、くす玉やテープカット、参加者の記念撮影などサービス内容が多岐に渡ります。

また、関西の蒸し暑い夏に行われる場合は日陰となるテント、木枯らしが吹く冬季には参加者のコートを収納できるクローク、式典までの待合室やフリードリンクの準備なども行うことがあります。

テープカットくらいは誰でもできると思いがちですが、実は複雑です。参加者が会場内にそろったことを確認した上で式典の開始を告げ、テープカッターを順番に呼び、主催者や来賓者の代表を定位位置へ誘導、アテンドがお盆に載せた手袋とハサミを配ります。

その後リボンを落とさないようにテープを持ち、ハサミをテープに当てて静止し、司会者の合図で一斉にカット、参加者が拍手してアテンドがハサミと手袋を回収、テープカッターを座席に戻して終了するという流れです。テープカット一つとってもかなり複雑なことが分かります。

スムーズな竣工式をサポートするノウハウと提案力、スタッフの存在が竣工式に伴うパーティーにおいて大きな力を発揮するため欠かせない存在になっています。

立食を通じて交流と理解を深める

関西の竣工式で選ばれるケータリングサービスでは、立食に対応した和洋中メニューに対応しています。式典が行われる場所のほぼ全てが食事をするには向かない場所であるため、椅子に座ってゆっくり食べることはできません。そのため、本格的な食事をゆっくりと楽しむよりも取引先との名刺交換や交流、会話の交わしやすさを重視し、会場規模などに合わせてテーブルレイアウトが工夫される場合が多いでしょう。テーブルレイアウトの工夫により参加者の動線をスムーズにし、会話しやすい環境を整えることも役割の一つです。

立食メニューの内容としては、クラッカーやフランスパンにチーズや野菜を乗せたカナッペ、爪楊枝やスプーンを用いた一口サイズの料理など、簡単につまめる色鮮やかな前菜に加えて本格的なグリルチキンやオードブル、握り寿司や巻物、シーザーサラダやデザートなどが主となっていますが、主催者側の要望に応じて柔軟に対応してもらえる点も魅力です。

例えばボリュームを重視する場合はメインとなる肉料理や魚料理を増やすことで、竣工式にふさわしい優雅で贅沢な雰囲気を作ることができます。見た目を重視する場合は、緑黄色野菜など色鮮やかなフィンガーフードをそろえることが多いです。ほとんどの料理がサンドイッチなど手軽につまめるという特徴があり、会場や招待人数、参加者の属性に応じて対応してもらえます。

 

関西の竣工式で利用が増加するケータリングサービスの理由は、調理と配膳だけでなく、スムーズな式典運営や接客サービスにありました。建築物の完成に伴う総仕上げともいえる神事とお披露目では、さまざまなサービスを提供できる総合ケータリングサービス会社が活躍しています。

おすすめのケータリング業者5選

商品画像
商品名ダイナックマックスパートセカンドテーブルミヤコパーティーウィズユー
特徴お客様の要望に沿ったケータリングプランを提案。また、大阪を中心に、様々な会場を提案することが可能。一番美味しい状態で料理が楽しめるよう、きめ細やかなサービスでおもてなしするパーティー会場の設営および撤収作業・現状復帰まで全ての段取りを代行。また、屋台・キッチンカーも手配可能。全て自社でまかなうことにより、大幅なコストダウンを実現。また、式典・神事等の会場設営・レンタルも一括して行う。お客様の要望・予算を伺い、大事な宴席を丁寧に作るため、気軽に活用できる。また、パーティーを盛り上げるグッズを多数用意
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【大阪】口コミで人気!おすすめのケータリング業者5選
記事一覧