大阪・関西でケータリングの依頼をお考えの方におすすめ!美味しいと口コミで人気の業者を厳選してご紹介しています。

ケータリングは少人数でも利用可能?何人から頼めるのかご紹介!

公開日:2022/07/15  最終更新日:2022/07/04


ケータリングと聞くと、大人数に対してビュッフェスタイルで料理を提供するイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。実際に、結婚式の二次会やパーティーでケータリングが利用されるケースが多いからかもしれません。そこで本記事では、ケータリングは少人数でも利用可能かどうかについて解説します。

そもそもケータリングとは

ケータリングという言葉は聞いたことがあるものの、詳しいサービス内容については知らないという方も多いのではないでしょうか。そもそもケータリングという言葉は、料理提供のサービスを表す言葉として使われるのが一般的となっています。ケータリングに出てくるcaterは「要求を満たす」という意味があります。

そのため、商品やサービスを提供することの他、会場のセッティングやイベント終了後の片づけなどにも対応してくれるケースが多いです。つまり、単純に料理を提供するだけでなく、周辺のサポートも充実しているのがケータリングの特徴なのです。また、ケータリングは、会場にキッチンが不要なことも特徴の一つだといえるでしょう。シェフが調理した料理を会場に持ち込んで提供するため、現地にはキッチンが不要なのです。

なお、料理はオードブルのようにお皿に盛りつけるだけでなく、温度管理のできる特殊な器具に盛り付けられることが一般的です。そのため、イベントの開始から終了まで、常に温度管理のされたおいしい料理が食べられます。さらに、ケータリングはビュッフェスタイルで料理を提供するのが基本のため、着席形式はもちろん、立食スタイルのイベントやパーティーにも対応できます。さまざまなシーン、人数に柔軟に対応できるケータリングは、数百人規模のパーティーや結婚式の二次会、企業の懇親会などで利用されています。

ケータリングは何人から利用可能?

ケータリングを利用したいと思ったら、対応人数に疑問を感じる方も多いのではないでしょうか。結婚式の二次会や大規模なパーティーで利用されるイメージがあるため、そもそも少人数では利用できないのかと疑問に感じる方も多いかもしれません。しかし、ホームパーティーや少人数で行う結婚式の二次会などで、ケータリングを利用したい方も一定数いるでしょう。

実際に、ケータリングは10~30名程度の少人数でも対応可能なケースがあります。少人数のケータリングの場合、1回あたりの利用に対して費用が設定されているケースもあれば、人数に対して費用が決められるケースもあります。利用人数や予算に応じて、複数のケータリング業者を比較するようにしましょう。ただし、業者によっては利用人数の下限を決めているところもあります。たとえば、30人以下には対応していないところもあるため、少人数のケータリングでは依頼できない業者があることを知っておきましょう。

ケータリングのメリット・デメリット

ケータリングは料理の提供だけでなく、会場のセッティングやイベント中の配膳・給仕、後片付けなどのサービスが付帯しています。さらに、お皿やカトラリーもセットになっており、運営者への負担がかからないよう考えられているサービスなのです。しかし、充実したサービスを提供する分、高額な費用がかかるのがケータリングのデメリットの一つだといえます。たとえば、デリバリーや大人数用のオードブルを頼めば、一人当たり1,000円ほどで対応できますが、ケータリングは一人あたり3,000円以上かかるケースがほとんどです。

会場のセッティングをしてくれたり、片づけをしてくれたりするため、サービス面は充実していますが、デリバリーと比較して3倍以上の費用がかかるのがデメリットといえるでしょう。予算が限られている場合は、複数社で見積もりをとって比較する、プラン内容を簡素にするなど工夫が必要になります。また、テイクアウトやデリバリーを利用すれば、軽減税率が適用されて8%の税率となります。しかし、ケータリングは軽減税率適用外のため10%の税率がかかるので注意しなければなりません。

その他、ケータリング会社の中にはサービスの内容が充実していないところがあるのも事実です。ケータリングは料理を提供するだけでなく、サービスも含めて会場の雰囲気をよくする役割を担っています。サービスが充実していなければ、高額な費用がかかるにも関わらず、テイクアウトやデリバリーで料理を並べているのと大差がないという状況になってしまいます。業者選びに手間がかかるのがデメリットですが、口コミや評判を見て、複数のケータリング業者を比較して選びましょう。

 

大人数で利用するイメージのあるケータリングですが、業者によっては10~30名程度を対象とした少人数のケータリングに対応しているところもあります。ホームパーティーや、少人数での結婚式の二次会などを検討している方に適したサービスだといえます。ただし、ケータリングはサービスが充実している分、デリバリーやテイクアウトで料理を準備するよりも費用がかかります。軽減税率の対象外となるため、10%の消費税がかかる点も注意するようにしましょう。なお、予算が限られている場合でも、業者によっては対応可能なところもあります。ケータリングを検討する際は、複数の業者に見積もりを依頼すると良いでしょう。

おすすめのケータリング業者5選

商品画像
商品名ダイナックマックスパートセカンドテーブルミヤコパーティーウィズユー
特徴お客様の要望に沿ったケータリングプランを提案。また、大阪を中心に、様々な会場を提案することが可能。一番美味しい状態で料理が楽しめるよう、きめ細やかなサービスでおもてなしするパーティー会場の設営および撤収作業・現状復帰まで全ての段取りを代行。また、屋台・キッチンカーも手配可能。全て自社でまかなうことにより、大幅なコストダウンを実現。また、式典・神事等の会場設営・レンタルも一括して行う。お客様の要望・予算を伺い、大事な宴席を丁寧に作るため、気軽に活用できる。また、パーティーを盛り上げるグッズを多数用意
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【大阪】口コミで人気!おすすめのケータリング業者5選
記事一覧