大阪・関西でケータリングの依頼をお考えの方におすすめ!美味しいと口コミで人気の業者を厳選してご紹介しています。

ハロウィンパーティーは仮装とケータリングで盛り上げよう!

公開日:2022/05/15  最終更新日:2022/05/13


大人も子供も日常を忘れて楽しめるのが、年に一度のハロウィンパーティーです。こだわりの仮装やお菓子の準備などさまざまな楽しみ方ができるイベントとして人気があります。今回はハロウィンの起源や仮装について、またハロウィンパーティーにおけるケータリングの活用方法をご紹介します。

そもそもハロウィンの起源とは

ハロウィンは初めから現在のようなイベントではなく、古い歴史をもっています。

ケルト人のお祭りが起源

サウィンと呼ばれるお祭りが、かつてアイルランドで行われていました。ケルト歴というケルト人が使用していた暦の上で、1年の始まりとされるタイミングで行われていたお祭りです。

具体的には10月31日を1年の終わりとして前夜祭を、11月1日を1年の始まりとして祝祭をそれぞれ開催していました。1年の区切りは農耕や牧畜の移り変わりによって定められていたため、10月末という日本人からすると微妙な時期が1年の終わりになっていたのですね。

ケルト人はサウィンの時期に、この世とあの世の境目が消えて死者や魔物が流れ込んでくると信じていました。そしてあの世のものに連れ去られないよう、あの世のものと同じ格好をすることで自分たちを守ったのです。

ケルト人の移住で世界に広まった

1年の豊作を感謝して翌年の豊作を祈ったサウィン祭りが、現代ではハロウィンとして定着しています。ケルト人がアメリカへ移住したのをきっかけにサウィン祭りが広がり、やがて世界中の人が楽しむイベントとなりました。

ハロウィンパーティーでは何をするべき?

ハロウィンパーティーでは具体的に何をすると、より楽しく過ごせるのでしょうか。

仮装する

サウィンで行われていたあの世のものを真似た格好が、現代のハロウィンでは仮装として楽しまれています。ハロウィンパーティーでは参加者に仮装をしてもらい、お互いの仮装スタイルを堪能しながら写真や食事を楽しむのがおすすめです。仮装は特に決められたスタイルがあるわけではないため、好きなアニメのキャラクターやドラキュラなど無限に種類があります。

お菓子を食べる

ハロウィンと言えば、トリックオアトリートという言葉とお菓子を食べるという習慣を想像する方が多いでしょう。ハロウィンの起源となったサウィンではお菓子を食べる習慣があったわけではないのですが、アメリカにサウィンの文化が伝わった時に商業目的でお菓子を食べるというイベントとして定着したようです。ハロウィンパーティーで手作りお菓子を持ち寄ったり、豊富な種類のお菓子を準備して食べ比べしたりして楽しむのはいかがでしょうか。

ハロウィンパーティーにおすすめのケータリングメニュー

ハロウィンパーティーをさらに盛り上げてくれるのは、なんといっても料理です。ケータリングで手軽に美味しい料理を注文しましょう。

カボチャ料理

サウィンではあの世のものを遠ざける目的で、カブをランタンにして使用していました。ケルト人からサウィンがアメリカへ伝えられた時に、カブよりも安価で入手しやすいカボチャへとランタンの材料が変化したのです。現代のハロウィンではカボチャをランタンとして使用するだけでなく、料理に使う機会が多くなっています。

カボチャをくりぬいてカボチャのポタージュやグラタンの器にした料理や、カボチャケーキなども人気です。カボチャを使った料理のアイディアが浮かばなくても、ケータリングでイメージを伝えればシェフが最適なメニューに仕上げてくれます。カボチャは煮込むときにコツが必要なため、ケータリングに任せて調理の手間を省きましょう。

おばけがモチーフになった料理

オムライスやサラダなどの上に、おばけの形に切り取った食材を載せるだけでハロウィン料理としての雰囲気が高まります。ただおもちゃの形に切り取る作業は細かくて時間もかかるので、ケータリングで作成を依頼すると便利です。子供も喜ぶ可愛らしい見た目の料理が完成します。

インパクトのある見た目のジュースやカクテル

ハロウィンは服装や料理だけでなく、飲み物も一工夫すると盛り上がります。コップに血のようなペイントをしたり、デザインの凝ったストローを使ったりするのはいかがでしょうか。

ケータリングでオプションとして対応してくれるところもありますので、一度相談してみましょう。また飲み物自体の色も、普段見ないような奇抜な色に仕上げてもらうのもおすすめです。シャーベットとアイスクリームの二層ジュースなども、カラフルな見た目で注目を集めそうですね。

ハロウィンパーティーを盛り上げるコツ

ハロウィンをさらに盛り上げる方法を知って、1年に一度のパーティーを存分に楽しみましょう。

パーティー会場をハロウィン仕様にする

会場の飾りつけにも工夫をこらしましょう。かぼちゃの可愛いステッカーを貼ったり、少し不気味な人形を置いてたりすると雰囲気が出ます。

仮装の方向性を決める

パーティー参加者の仮装を、同じ方向性で統一するのもおすすめです。例えば今年はおばけの恰好、と決めると、同じおばけでも個性が感じられて楽しめます。

 

ハロウィンはケルト人の古いお祭りが由来となっているイベントです。仮装をしたりお菓子を食べたりして現代のハロウィンを存分に楽しみましょう。ケータリングでハロウィンらしい料理や飲み物を注文すると、より華やかなパーティーが開催できます。

おすすめのケータリング業者5選

商品画像
商品名ダイナックマックスパートセカンドテーブルミヤコパーティーウィズユー
特徴お客様の要望に沿ったケータリングプランを提案。また、大阪を中心に、様々な会場を提案することが可能。一番美味しい状態で料理が楽しめるよう、きめ細やかなサービスでおもてなしするパーティー会場の設営および撤収作業・現状復帰まで全ての段取りを代行。また、屋台・キッチンカーも手配可能。全て自社でまかなうことにより、大幅なコストダウンを実現。また、式典・神事等の会場設営・レンタルも一括して行う。お客様の要望・予算を伺い、大事な宴席を丁寧に作るため、気軽に活用できる。また、パーティーを盛り上げるグッズを多数用意
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【大阪】口コミで人気!おすすめのケータリング業者5選
記事一覧