大阪・関西でケータリングの依頼をお考えの方におすすめ!美味しいと口コミで人気の業者を厳選してご紹介しています。

アレルギーや食事制限があってもケータリングを利用できる?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/20

これから関西でケータリングの利用を考えている人もいることでしょう。参加者の中には、病気や健康管理あるいは宗教上の理由などから、食事制限をしているケースがあります。このため主催者や幹事には、食事制限などにも対応している、専門的で実績豊富なケータリング業者を選ぶことが求められます。

食物アレルギー対応の業者を選ぶ際のポイント

代表的な食物アレルギーとしては、乳や卵をはじめ小麦やそば、さらに落花生やエビそしてカニなどが挙げられます。これらはアレルギー特定原材料7品目と呼ばれており、法令で食品表示が義務付けられています。

これら以外にも、フルーツやアルコールなどの食品も人によっては、アレルギー症状がでるケースもみられることに注意が必要です。このように一口に食物アレルギーといっても、多岐にわたることをまずは覚えておきましょう。

ケータリング業者を選ぶ際に大切なことは、出席する参加者にどのような食物アレルギーがあるのか、事前にしっかり把握しておくことです。これを怠ると、何も知らずに食べ物を口にした参加者が、症状を引き起こしてしまうおそれがあります。

最悪のケースでは、命が危険にさらされることにもなりかねません。このようなリスクを回避するためにも、主催者や幹事は参加者の食物アレルギーについて、十分にチェックしておくべきです。その上で、食物アレルギー対応の業者を関西で探してみましょう。

ただし業者ごとに、対応できるメニューの範囲や、相談のきめ細かさ、あるいは食物アレルギー対応によるオプション料金の有無など、それぞれ大きな差があります。例えば、アレルギー食品であればどんなものでも、オーダーメイドで受け付けてくれる業者がある一方で、アレルギー特定原材料7品目にだけ対応している業者もあります。それどころか、アレルギー食品を全く受け付けていない業者も、決して珍しくありません。

いずれにしても、公式サイトや口コミサイトだけで納得するのではなく、業者の相談窓口などへ直接コンタクトして、綿密に交渉することが重要になります。

慢性疾患の食事制限に対応できる業者もある

食事制限をする理由の中で、アレルギーと並んで多いのが、高血圧や腎臓病あるいは糖尿病といった慢性疾患によるケースです。高血圧や腎臓病の方であれば、日頃から減塩を意識した食生活を送る必要があります。

また糖尿病の方の場合には、糖分などをコントロールした上で、上手に栄養を摂取しなければなりません。このような方がケータリングを利用している会場へ参加しても、あまり食事を楽しめないケースが見受けられます。通常のケータリングでは、塩分や糖質あるいは脂肪分が多い料理も珍しくないため、慢性疾患の方がなかなか口にできるものがないからです。

そこでおすすめしたいのが、慢性疾患の制限食も扱うことのできる、専門性の高いケータリング業者を選ぶことです。実績豊富で信頼できる業者ならば、減塩食や糖質制限食または低たんぱく食など、慢性疾患の方にふさわしいさまざまなバリエーションの料理を準備してくれます。

ただし、このように専門性の高い業者であっても、事前に綿密な相談や連絡を欠かさないことが求められます。参加者の健康に直接関わることなので、業者との情報交換を怠ると、深刻な健康被害を招くこともあるからです。

メニューの豊富さやクオリティの高さも大事ですが、慢性疾患の食事制限にどれだけ理解があり、これまでの取り扱い件数がどのくらいか、そしてスタッフの誠実さや信頼性などについて、業者をチェックしておくことも大切になります。そのためには電話やネットだけの予約で済ませるのではなく、実際に担当者やプランナーと対面して、相談や交渉を繰り返していくことが重要になります。

ベジタリアンやヴィーガン対応のケータリング業者を選ぶポイント

健康志向や宗教的な理由から、野菜中心の食生活を送る人々も世の中にはいます。このような人々はベジタリアンと呼ばれ、動物肉や魚介類を避ける食事が基本です。

それだけでなく、さらに卵や乳製品あるいはハチミツまでも避ける、完全菜食主義のヴィーガンと呼ばれる人々もいます。もしベジタリアンやヴィーガンの方が会場に参加するのであれば、ケータリングもそれ相応の準備をしなければなりません。そこで大切なポイントは、ベジタリアンやヴィーガンに特化した、充実のプランをそろえているケータリング業者を選ぶことです。

ベジタリアンといっても、食事を制限するレベルは人それぞれ異なります。あらかじめ幅広く幾つもの料理が用意されていれば、当日どのようなレベルのベジタリアンが会場に参加することになっても、食事の準備をスムーズに進めることができます。

もちろんその前提として求められるのが、優れた実績やノウハウを持つケータリング業者であることです。このような業者であれば、打ち合わせの段階から食事制限のレベルを細かくチェックし、当日はそれに見合った料理を提供してくれます。

野菜中心の料理と聞いて、地味なイメージを持つ方がいるかもしれません。しかし実際には、その心配はないでしょう。例えばベジタブル寿司をはじめ、大豆ミートや豆腐をアレンジした洋食、あるいは米のサラダや玄米のカクテルなど、見た目や味わいに工夫を凝らしたハイレベルな料理を提供する業者も、関西で見つけることが可能です。

 

関西でケータリング業者へ依頼するなら、参加者の体調や食生活について、事前によくチェックしておくことが重要です。もしアレルギーや食事制限の必要な参加者がいるなら、それに対応できる豊富な実績と、高い専門性のある業者を選びましょう。そして参加者が安心かつ安全に食事が楽しめるように、業者とは密接に連絡を取り合うことも徹底すべきです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【大阪】口コミで人気!おすすめのケータリング業者5選
記事一覧