大阪・関西でケータリングの依頼をお考えの方におすすめ!美味しいと口コミで人気の業者を厳選してご紹介しています。

幹事の負担が減る!同窓会にはケータリングが便利な理由とは?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/23

同窓会の幹事をされる方は会場の選定や予算決め、料理の用意など当日までに準備しなければならないことが多いので負担になることも多いでしょう。しかし、ケータリングを上手に使うことでそのような負担を減らし、自分も楽しい時間を過ごすことが可能になります。こちらでは同窓会にはケータリングが便利な理由を紹介します。

準備から後片付けまでお任せできる

同窓会でケータリングを利用することが便利な理由は料理の準備から食べ終わった後の片付けまでお任せできるためです。

同窓会の種類やシチュエーションによって異なりますが、関西では数十名から100名を優に超える人数が集まる場合もあるでしょう。しかし、貸会場などを借りる場合、人数や集まる人の好みなどによってどう配置すると料理が食べやすいか、参加者が会話しやすいかなど、幹事に慣れていない方には判断が難しいところです。

その点、ケータリングサービス会社は、パーティーの設営から準備、料理の提供などをプロデュースするノウハウを培ってきているため、同窓会の幹事となった方は借りる予定の会場の様子などを伝えるだけで最適な準備をしてもらえます。さらに後片付けも頼めるため、同窓会の幹事にとっては負担の軽減になる点が魅力です。

後片付けを自分たちで行うとなると、会場を借りている時間などの関係から時間が押してしまうことも考えられます。飲食を伴うパーティーの場合は残った料理の仕分けやごみの分別などもあるため、考えている以上に時間がかかるものです。

そうなると常に時間を気にする必要があるため、幹事自身がせっかくの同窓会を楽しむことができなくなる可能性が出てきてしまいます。飲食関係のことはすべてケータリングサービス会社にお任せすることで、幹事としてやらなければならないことに集中できるのは助かります。

温かい料理や見た目にこだわった料理も提供できる

同窓会で飲食の提供をする際には参加者がおいしい料理や飲み物を食べながら楽しく会話ができるように取り計らいたいものです。しかし、自分たちが持ち込んだ料理を提供する場合は料理の多くが冷めてしまい、冷たい料理もぬるくなってしまいます。

また、飲み物の炭酸などが抜けてしまうなど、満足のいく飲食ができないとせっかくの同窓会が台無しになってしまう場合もあります。さらに、素人には盛り付けの工夫にも限界があるため、目で見ておいしいと思える料理を提供することは困難でしょう。

その点、ケータリングサービスを行っている会社は固形燃料や専用の機材などを持っているところが多いため、ビュッフェのように温かい料理は温かいまま、冷たい料理は冷たいままで提供することができます。さらに、専用のスタッフを派遣してもらうことで、飲み物などのサーブを依頼することもできるので、炭酸が目に美しいシャンパンや、クリーミーな泡の立ったビールの提供も可能になります。

料理や飲み物を最適な状態で提供できるだけでなく、見た目にもこだわって提供できる点がケータリングサービスの魅力です。参加者が取りやすく、しかも目に鮮やかな食材を取り入れているとなると参加者の満足度が上がるでしょう。

また、料理や飲み物のコンディションを気にする必要がなくなるので、幹事自身も参加者との会食を楽しむ余裕が出るに違いありません。

サプライズを演出できるケータリングがある

同窓会の演出は幹事の重要な仕事となりますが、ケータリングサービスを利用すると料理の面で参加者を喜ばせる演出をしてもらえる点が魅力です。ケータリングサービスを頼む場合、シンプルな作りの会場でもテーブルクロスや食器類、お花を含めた飾りつけも併せて依頼できる会社があるため、利用を考えてみてもよいでしょう。

テーブルセッティングに必要なものを準備するにはコストや選ぶ時間がかかってしまいますが、ケータリングサービス会社では出席者の年齢層や提供される料理の雰囲気などに合わせたセッティングが可能です。

また、ケータリングサービスではサプライズを企画することもできます。一例として、すし職人を配置して握りずしの提供を行うことが挙げられます。

すし職人は注文や魚の説明などでお客さんとのやり取りに慣れている方が多いので、場を盛り上げることにも貢献してくれることでしょう。状況によってはマグロの解体ショーなども依頼できる場合があります。通常の飲食店でも同様のイベントが企画されると場が盛り上がるため、同窓会でも参加者に喜んでもらえることが期待できます。

バーテンダーを派遣してもらうことも可能です。お酒を熟知したバーテンダーであれば、その場に合ったカクテルなどを作ってもらえるため、良い思い出が作れるでしょう。いずれの企画も関西らしいインパクトのある同窓会にすることができるので、幹事としての役割を十分に果たせるはずです。

母校を同窓会の会場にしたいと皆さん思われます。現在の母校の様子を見ながらかつての思い出話で盛り上がります。ケータリングなら体育館や講堂・学生食堂をパーティー会場として利用できます。メニューの内容も相談すれば、年齢層に応じたメニュー提案をしてくれますし、ケータリング会社との打合せを母校で行えば会場下見もできますので便利です。
わざわざホテルの宴会場やレストランへ行かなくても、同じことが母校で出来るわけですから同窓会でケータリングを利用するケースが増えています。

 

関西で同窓会の幹事を務められる方はケータリングサービスをうまく使うことで、幹事自身の負担を減らし、参加者の満足感を高めることができるでしょう。準備から片付けまでトータルで依頼でき、美味しい料理や楽しい雰囲気を提供できる点が魅力です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【大阪】口コミで人気!おすすめのケータリング業者5選
記事一覧